【OSPF】バーチャルリンクを用いて仮想的にバックボーンエリアと接続する

【OSPF】バーチャルリンクを用いて仮想的にバックボーンエリアと接続する

マルチエリアOSPFを構成する際、全てのエリアはバックボーンエリアに接続していなければならない、ということがあります。
下図の参照してください。

Router1の左側はエリア0でバックボーンエリアとなります。
Router1 – Router2間はエリア1で構成しており、Router1がエリア0と接続しているため問題無いということになります。

しかし、Router2の右側のエリア2はエリア0と接続していないためこのままだと192.168.2.0/24のネットワークはエリア0に伝えられません。
ここで、バーチャルリンクによりエリア0とエリア2を仮想的に接続することで正常に動作させることが可能です。

実際に設定をしてみましょう。
上図の通りIP割当は終わっていることにします。
まずはバーチャルリンクの設定をせずにOSPFを構成してみましょう。

Router1#conf t
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router1(config)#router ospf 1
Router1(config-router)#router-id 1.1.1.1
Router1(config-router)#network 172.16.1.0 0.0.0.3 area 1
Router1(config-router)#network 192.168.1.0 0.0.0.255 area 0
Router2#conf t
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router2(config)#router ospf 1
Router2(config-router)#router-id 2.2.2.2
Router2(config-router)#network 172.16.1.0 0.0.0.3 area 1
Router2(config-router)#network 192.168.2.0 0.0.0.255 area 2
次に、ルーティングテーブルを確認します。

Router1#show ip route
      172.16.0.0/16 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        172.16.1.0/30 is directly connected, Ethernet0/0
L        172.16.1.1/32 is directly connected, Ethernet0/0
      192.168.1.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        192.168.1.0/24 is directly connected, Ethernet0/1
L        192.168.1.254/32 is directly connected, Ethernet0/1

Router2#show ip route

172.16.0.0/16 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C 172.16.1.0/30 is directly connected, Ethernet0/0
L 172.16.1.2/32 is directly connected, Ethernet0/0
O IA 192.168.1.0/24 [110/20] via 172.16.1.1, 00:05:44, Ethernet0/0
192.168.2.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C 192.168.2.0/24 is directly connected, Ethernet0/1
L 192.168.2.254/32 is directly connected, Ethernet0/1

Router2では192.168.1.0/24のネットワーク情報が伝えられていますがRouter1では192.168.2.0/24のネットワーク情報がありません。
ここで、バーチャルリンクを設定してみます。
書式:
(config-router)#area <エリアID> virtual-link <対向のルータID>

Router1(config)#router ospf 1
Router1(config-router)#area 1 virtual-link 2.2.2.2
Router2(config)#router ospf 1
Router2(config-router)#area 1 virtual-link 1.1.1.1
そして、再度ルーティングテーブルを確認します。

Router1#show ip route
      172.16.0.0/16 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        172.16.1.0/30 is directly connected, Ethernet0/0
L        172.16.1.1/32 is directly connected, Ethernet0/0
      192.168.1.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        192.168.1.0/24 is directly connected, Ethernet0/1
L        192.168.1.254/32 is directly connected, Ethernet0/1
O IA  192.168.2.0/24 [110/20] via 172.16.1.2, 00:10:44, Ethernet0/0
Router2#show  ip route
      172.16.0.0/16 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        172.16.1.0/30 is directly connected, Ethernet0/0
L        172.16.1.2/32 is directly connected, Ethernet0/0
O     192.168.1.0/24 [110/20] via 172.16.1.1, 00:14:02, Ethernet0/0
      192.168.2.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        192.168.2.0/24 is directly connected, Ethernet0/1
L        192.168.2.254/32 is directly connected, Ethernet0/1
Router1に192.168.2.0/24の情報が伝えられました。
当然Router2にも192.168.1.0/24の情報があります。

ここでRouter2がバーチャルリンクの前後でO IA➡Oに変わっていることが分かると思います。
バーチャルリンクはエリア0を延長させる技術ですので設定を入れたことによりRouter2がエリア0にも属することになるわけです。
つまり、Router2はエリア0、エリア1、エリア2に属することになり、192.168.1.0/24の情報はintra-areaとしてルーティングテーブルにはOと表記されるわけです。

今回はここまで。

CCNPカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP