CCNP_TSHOOT取得しました!これにてCCNP完!

CCNP_TSHOOT取得しました!これにてCCNP完!

============================
関連リンクです
CCNP勉強スタート宣言

CCNP SWITCHの合格体験記

CCNP ROUTEの合格体験記
============================

10/13にTSHOOTを受験しまして、ギリギリですが取得することができました。
これでCCNPホルダーになることができました!パチパチ

先日ROUTEを取ったという記事を上げましたがその6日後にTSHOOT受験です。勉強期間は5日でした。

やったこと

今回、白本は使用せずping-tで問題演習を進めて合格体験記から得た情報を元に様々なサイトを読み漁りました。
トラブルチケット以外の問題はROUTE、SWITCHで学習済みなので復習のつもりで消化。
肝心のトラブルチケットですが、初めにやったときは面食らいました。

確認する箇所が多い!!!

まず何をしたらいいんだ・・・と思いながらも解き進めていくと障害の切り分け方が分かってきました。
波に乗れてしまえばこっちのもので切り分け速度も上がり、模擬試験では5回中3回100%を取りました。

また、今回もping-tで解いた問題数をグラフにしましたので参考にしてみてください。

ping-tの問題総数は275問ですので約3週ほどですね。
ROUTE、SWITCHもおよそ3週ほどだったのでこれで問題集は3週すれば合格ラインに届くことが証明されました。

トラブルチケットの切り分け方

この試験の肝であるトラブルチケットの対策をお伝えしようと思います。

出てくる問題文には明確にこの箇所が疎通できないとは書かれていないので各機器のコンフィグを確認しながら障害ポイントを見つけ修正を測る必要があります。

pingをクライアントから近い機器を始めとして打ちまくりましょう。

①隣接機器にpingが通らない
・クライアントPCにIPが割り当てられているか確認する
→ipconfig
・出力結果に何も表示されなければ隣接機器のポートステータスを確認する
→show ip int brief、show vlan、show runなど
・169.254.XXXX.XXXXとなっていればAPIPAがIPアドレスを割り当てている状態(正しくIPアドレスが割り当てられていないということ)
→クライアントPC – DHCPサーバ間の機器に異常あり
→show ip int brief、show vlan、show ip eigrp neighbors、show port-security、show ip routeなど
→IPヘルパーアドレスが正しいか、DHCP機能がONになっているか、DHCPの割当範囲が正しいか、DHCPの割当除外範囲が正しいか

②途中までpingが通る
・IGPの隣接関係が出来ていない
→show ip ospf neighbor、show ip eigrp neighbors、show ip route、認証設定の有無確認
・IGPの隣接関係が出来ているがルーティング情報がない
→ACL、ディストリビュートリスト、

③WANに抜ける前後まで通る
・ACL、NAT、BGPを疑う
→show run、show ip bgpなど

この3点を意識すれば大体解けます。
IPv4、IPv6の両方が出題されますが解き方は一緒です。
IPv6に関しては、IPv4とはIGPの適用方法が異なるので必ず押さえてください。

私はping-tのトラブルチケットを解く際に脳内で独り言が絶えませんでした。

「pingはどこまで通るの?ここまで通るのか!IGPの隣接関係は?ネイバー貼れてないじゃん!show run見てみよ。こっちの機器は認証設定あるなぁ・・・そしたら対向機器は?認証設定入ってないじゃん!これじゃだめだよ!」

こんな具合で。

TSHOOTは切り分けのコツを掴めば難しくない

勉強のやり方は兎にも角にも切り分けに慣れることです。
必要な知識はROUTE、SWITCHで学習した内容なので押さえる点は切り分け方法のみです。
ping-tの問題が秀逸すぎるので徹底的に分析して解法を学べばそれほど苦労しないと思います。

私は検証の実務経験があるのですが、不具合の調査で一番肝となるのは基礎を知っているかどうかだと思っています。
つまり、検証対象機器の仕様の把握、プロトコルの理解などです。
TSHOOTで言えばIGPなどの知識でしょう。
特に正しくトポロジーを把握していれば違和感がある箇所はすぐに特定できるはずで、コンフィグを見れば一目瞭然です。
あとは数をこなしてスピードを上げることに専念しましょう。

CCNP取得の先には・・・

およそ2か月間の戦いが終わりました。
私は間髪を入れずにCCIEにチャレンジしたいと思っています。
普段から英語のドキュメントは読んでいるので英語嫌いではないのですが実際にCCIE関連書籍を読み切れるかはやってみないと分かりません。
先に英語の復習からかな?単語と文法を朝の通勤で復習して机上でCCIEの勉強を進める構想です。

どのぐらいかかるか分かりませんが、2年以内には取得したいです。
やってやるぞ!

CCNPカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP