ラズベリーパイを購入しました!勉強のお供にします!

ラズベリーパイを購入しました!勉強のお供にします!

先日、ラズベリーパイを秋葉原で購入しました。
サーバやネットワークの勉強をしていて、PCにCentOSなんかを入れて色々いじりたいなーと思っていたんですがそんなときにラズベリーパイなるものを発見しまして、衝動買いです。

あんなコンパクトで軽いものが電子工作などもできるというから驚きです。ロマンがありますよね。私はロマン溢れる商品が大好きです。
ちなみにMODEL Bを買いました。標準でwifiとBluetoothが使えるので便利です。有線だと離れた場所で何かしたいと思ったときに制限がありますが無線ならメインPCから離れた場所で遠隔操作できるので用途無限大!

ラズベリーパイとは

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とは簡単に言うとちっちゃいPCです。いわゆるシングルボードコンピュータ。
ストレージにmicroSDを使用するのでOSブートはmicroSDからで、まず手始めにラズパイ公式のOS「RASPBIAN」を入れる人が多いです。電子工作にはGPIO端子を使用するみたいですね。私はまだセットアップまでしか手を付けてないので詳しいことはまたの機会に。

画面出力はHDMI端子ですが、私の用途ではwifi接続でSSHによる遠隔操作がメインになるので初期設定をするために一度ディスプレイに繋げましたがもう使わないと思います。元々勉強目的で購入したのでGUIじゃなくてCUIで運用できるようにしないと。

必要な周辺機器

①microSDカード
→16GBもあれば十分かと。私は予算の都合上8GBにしました。Class10がオススメ。

②ACアダプタ(5V,2.5A)
→ラズパイにバッテリーはないので別途AC電源アダプタが必要です。自宅に余ってるものを流用でもいいですがラズパイ3からスペック上昇に伴い消費電力も上がっているのでスマートフォンの電源では足りない可能性があります。その時は別途購入しましょう。

③外付けSDカードリーダー
→初期インストール時にOSをmicroSDに入れるのでお使いのPCにカードリーダーがついていなければ必要です。

④HDMIケーブル
→ディスプレイに表示させるために必要です。

⑤HDMI対応のディスプレイ
→テレビでもOKです。

⑥ラズパイケース
→デフォルトで基盤剥き出しなので静電気やホコリ対策で購入しておいたほうがいいです。むしろ必須。

⑦マウス、キーボード
→これがないと操作できません。その辺に転がってるものを引っ張り出しましょう。

購入できる場所

Amazonなどの通販でふつうに買えます。実店舗で置いてあるところは私調べでは秋葉原しか知らないです。

・秋月電子通商 秋葉原店
・千石電商 秋葉原本店

などなど。千石電商ではラズパイ本体と周辺機器のセット販売していたので何買ったらいいかわからない方はセット購入をオススメします。
電子工作される方は秋月電商で素子を見ておくのもいいですね。

 

最後に

周辺機器も含めて揃ったらOSのインストールから入りますが、それはまたの機会に書きたいと思います。
私の環境ではwifiの設定をしたあと、内部ネットワークに繋がるが外部ネットワークに接続できない問題が出ています。
毎回起動する度にwlan0の再割り当てをしないと繋がらないのです。何がおかしいのかな。。
また後日記事にする予定ですが、有志の方直し方を教えてください。。

ITカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP