3560Xのファンが故障していた

3560Xのファンが故障していた

どうしても実機が欲しくて某オークションで3560Xを落札しました。(画像下)
現在所持しているものは以下の通り。

画像上から
2960 ×2
3750 ×2
3560X ×1

画像外だと1812Jが1台。

GNS3だとスイッチは機能的に言えば痒いところに手が届かないのでCCIE勉強用に実機を集めています。
もう一台3560Xを入手できれば環境的には十分です。

ただ、一つ問題が。
3560XのSYSTランプがオレンジになっているのです。

ひとまず落ち着いてログを確認してみると

SW3560X_A>
SW3560X_A>en
SW3560X_A#sh env all
FAN 1 is FAULTY
FAN 2 is OK
FAN PS-1 is NOT PRESENT
FAN PS-2 is OK
SYSTEM TEMPERATURE is OK
System Temperature Value: 16 Degree Celsius
System Temperature State: GREEN
Yellow Threshold : 46 Degree Celsius
Red Threshold : 60 Degree Celsius
SW PID Serial# Status Sys Pwr PoE Pwr Watts
--- ------------------ ---------- --------------- ------- ------- -----
1A Not Present
1B C3KX-PWR-350WAC LIT145005J6 OK Good Good 350/0

SW Status RPS Name RPS Serial# RPS Port#
-- ------------- ---------------- ----------- ---------
1 Not Present <>

SW3560X_A#
SW3560X_A#
SW3560X_A#sh env fan
FAN 1 is FAULTY
FAN 2 is OK
FAN PS-1 is NOT PRESENT
FAN PS-2 is OK

FAN 1 is FAULTY
出力からファンに異常がありそうです。

とりあえず男の子なら誰しも開けたくなると思うので

パカッと。

かっこいいですね。ワクワクしますね。
ざっと各部品を眺めてもおかしそうなところは見当たらないのでこの状態で電源投入。
※ファンが高速回転するので開けたまま電源投入はやめたほうがいいです

正面から見て右側のファンモジュールのランプがオレンジになっていました。
こいつだ!

こんなもの売ってるのかな・・・と思いつつ調べてみると普通に売ってました。
2000円ぐらいだったと思います。
新しいものを購入して入れ替えてみたところ

ビンゴ!
蓋を締めて最後の動作確認。

ログ確認も忘れずに。

SW3560X_A>
SW3560X_A>en
SW3560X_A#sh env all
FAN 1 is OK
FAN 2 is OK
FAN PS-1 is NOT PRESENT
FAN PS-2 is OK
SYSTEM TEMPERATURE is OK
System Temperature Value: 19 Degree Celsius
System Temperature State: GREEN
Yellow Threshold : 46 Degree Celsius
Red Threshold : 60 Degree Celsius
SW PID Serial# Status Sys Pwr PoE Pwr Watts
--- ------------------ ---------- --------------- ------- ------- -----
1A Not Present
1B C3KX-PWR-350WAC LIT145005J6 OK Good Good 350/0

SW Status RPS Name RPS Serial# RPS Port#
-- ------------- ---------------- ----------- ---------
1 Not Present <>

SW3560X_A#
SW3560X_A#
SW3560X_A#sh env fan
FAN 1 is OK
FAN 2 is OK
FAN PS-1 is NOT PRESENT
FAN PS-2 is OK

FAN 1 is OKになってますね。

自己責任ではありますが中古品を購入する際はこういったトラブルもあります。
「なんだこれー使えないじゃん!」と投げずに一旦落ち着いてどこが悪いのか確認してみることをオススメします。
意外と単純なところに問題があって安く修理できることもありますから。

日記カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP