CCIEホルダー主催の勉強会に参加しました!

CCIEホルダー主催の勉強会に参加しました!

CCIEホルダーであるANTARESさん、のなめしゃちょーさん主催の勉強会に参加しました。
概要はこちら↓↓↓
目指せCCIE!ここでしか聞けない勉強方法

非常に内容が濃くCCIEの概要から勉強方法、ラボ試験の雰囲気まで詳細に聞くことができました。
特に、以下の3点が新たな知見や感じたことです。

①プロクタの機嫌を損ねさせる方法
②実際にコマンドを打っているところを見ることができた
③CCIEホルダーから溢れ出る自信

①について
これは純粋に面白かったです。
内容はお伝えできませんがプロクタに”あること”をすることで機嫌を損ねさせることが可能なようです。
もちろん悪さをしてということではなく、試験で重要なことに関しての”あること”。

②について
実際にコンソールを開いてデモをしていただいた時でした。
デモの時間は短かったものの、その僅かな時間に打たれたコマンドを見逃しませんでした。
というのも、ネットワークエンジニアとして従事されている方かつCCIEホルダーから放たれるコマンド入力ほど有益な情報はないからです。
コマンドには最小文字があり単語を全て埋める必要はないのでどこまで効率化して早く打つかを参考にすることができました。
何気ない事ですが、私は小さい頃から何事にも上手い人を”真似て”います。
可能ならずっと見ていたいぐらいです。
勉強会後に思ったことがありまして、youtubeなどの動画配信サイトで実際にコマンドを打つ動画を眺めるだけでも勉強になりそうだと。

③について
勉強会でも触れていたことですが、CCIEほどの資格を持つと自分に確固たる自信を持てるそうです。
それは登壇されている方の振舞いからも見て取れました。
やはり膨大な試験範囲をこなし、一筋縄ではいかないラボ試験を突破できるというのはかなりの強みです。
私は仕事では気丈に振舞うことを意識していますが普段は結構メンタルが弱いのです。
仕事でできないことがあると帰路に向かう途中で激しく落ち込みますし恥ずかしくなります。
それは”負けず嫌い”な私の性格のデメリットでもあります。
資格が全てではないことはもちろんその通りですが難関資格を取り自信を付ける手段として活用するという考え方も有りでしょう。

総括として、参加して良かったです。
CCIEの勉強をし始めて試験範囲の膨大さに苦悩している時期でしたのでモチベーションアップになりました。
CCNAに3回落ちた僕でもCCIEを取れることを証明してみせましょう。

ANTARESさん、のなめしゃちょーさん
ありがとうございました!

CCIEカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP