GNS3起動時にNPF driverが起動せずエラーになるときの対処方法

GNS3起動時にNPF driverが起動せずエラーになるときの対処方法

GNS3を導入するとき、合わせてWinpcapやWiresharkもインストールすると思いますがWinPcapのインストール時に「Automatically start the WinPcap driver at boot time」のチェックを外すとGNS3起動時に下記エラーが出て上手く起動できませんでした。

これは「NPF(Netgroup Packet Filter)」サービスが起動していないためです。
NPFはパケットキャプチャに欠かせないものでネットワークインターフェイスを使用してパケットを調べ、それをユーザーレベルアプリケーションの原型を保ったまま送ります。つまりNPFサービスはパケットキャプチャする際に起動しておけってこと。

設定手順

まず、コマンドプロンプトを管理者権限で実行します。

コマンドプロンプトでsc qc npfと入力するとnpfの情報が取得できます。

START_TYPEがDEMAND_STARTであれば自動起動になっていないのでAUTOにしてあげます。
sc config npf start= autoを入力します。※start=のあとは半角スペース

CangeServiceConfig SUCCESSと出ればOK

再度sc qc npfと入力してみましょう。

START_TYPEがAUTO_STARTになりました。
次にNPFサービスを起動します。
net start npfと入力します。

これでOKです。
GNS3を起動してみます。

エラーも出ずProject画面に移行しました。

NPFを自動起動にしたくない方はsc config npf start= demandを入力し設定、その都度net start npfとnet stop npfを入力してください。

ネットワークカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP