大阪府全域で開放された無料wi-fi「00000JAPAN」、セキュリティは大丈夫?

大阪府全域で開放された無料wi-fi「00000JAPAN」、セキュリティは大丈夫?

大阪府北部で震度6弱の地震が発生

2018年6月18日、大阪府北部で震度6弱の地震が発生しました。
私が被害状況等を全て追い切れているわけではないのですが、
同日に開放された無料wi-fi「00000JAPAN」についてエンジニア目線でお伝えしておきたいことがあります。

緊急時の無料wi-fi「00000JAPAN」、パスワードを聞かれないことに疑問を持とう

「00000JAPAN」の使用方法はとっても簡単で、スマホなどでwi-fiをオンにした後、「00000JAPAN」を選択するだけ。

 

ただ、災害時の緊急用とはいえパスワードを聞かれない無料wi-fiなのです。

ここで一旦このwi-fiを忘れてその他の無料wi-fiを考えたときに、誰もが考えることといえばセキュリティですよね?
無料wi-fiを使用するときはID、PASSやクレジット情報などの個人情報を入力しない、と認識しているはずが、今回の緊急用に開放された「00000JAPAN」を使用するとセキュリティ問題を忘れてしまう気がするのです。

なぜなら、状況が緊迫していて冷静になれないからです。

決して使用しないことを推奨しているわけではなくて、これはその他の無料wi-fiと同じ部類に入ると考えてほしい。

なぜ無料wi-fiはリスクがあるのか

パスワードがかかっていないものは情報が筒抜けです。
その気になれば情報傍受が可能で、かつ同じSSIDは誰でも立てることが可能です。
つまり、偽の「00000JAPAN」を立てれば公式が提供しているものと区別がつかなくなり見分けがつかない。

また、ご存知の通りスマホなどで一度接続したwi-fiは検知すると自動で接続されるという設定が存在します。
提供が終了したら脅威がなくなるはずもなく、偽のSSIDが存在したとしたら勝手に接続されてしまうでしょう。
解決方法はキャッシュをクリアすることでしょうね。

最後に

結論として

「00000JAPAN」 = 「その他の無料wi-fi」

ということを頭に入れてほしいです。
便利な世の中ですがその分リスクは発生しますよーというお話でした。

今回、震度6弱の地震でしたがまだ安心できません。
専門家ではないので明言はできませんが東日本大震災や熊本地震と同様に「前震」の可能性があります。
何事も油断大敵です。避難経路の確認や食糧確保等、入念に準備をしておきましょう。

ネットワークカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP