H30年春応用情報試験結果!初受験はどうだったか

H30年春応用情報試験結果!初受験はどうだったか

応用情報初受験

2018年4月中旬に応用情報技術者試験を受験してきました。
これまでベンダー資格はCCNAやLPICを受けてきましたが国家資格に挑戦するのは初めてになります。
私はプログラマやSEではないので基本情報や応用情報はあまり重要度は高くなかったんですよね。
会社からCCNAの取得を推されたのもあって、いつかは取りたいなーと思いつつも一旦頭から消し去ってました。

 

受験を決めたきっかけ

2018年1月中旬に念願のCCNAを取得し、ようやく次の試験に進めるとモチベーションも上がってそのままLPICレベル1を2月に取得しました。
LPICレベル1を取ったその頃、春季の情報処理技術者試験の申込期限が間近にあることを知りました。
試験日から2か月も前に締め切りなんですね。初めて知りましたよw

モチベーションが絶好調だった私は迷わず受験申込をしました。
試験区分は「応用情報技術者試験」。

 

申込段階の私のスペック

保有資格:CCNA、LPICレベル1

基本情報技術者試験 未取得

 

そう、私は基本情報を持っていません。持っていないどころか受験もしたことありません。

 

なぜ基本情報を飛ばして応用情報にしたのか

実は私、プログラミングをまともに勉強したことがありません。
調べ切れていないのですが、基本情報はプログラミングが必須だというではありませんか!
試験日まで残り約2か月。プログラミングまで手を出してたら到底間に合わない。
そう思った私が選んだのは「応用情報」なのでした。

安直に基本情報を飛ばしたわけではありません。
申込期限が迫りながらも応用情報の情報をかき集め、

・プログラミングが必要ないこと
・過去問暗記で午前を突破できること
・午後は国語のテストであること
・基本情報を取っていなくても取得が可能であること
・勉強期間2か月は決して短いものではないこと

を調べ上げました。
ただ、やはり応用情報は午後が記述式なので初受験かつ勉強期間2か月では一筋縄ではいかないと思っていて根を詰めて勉強していかなければならないと思いました。

自分を追い込むことってすごく大事だと思います。期日が迫っているならより効率よく物事を処理するしかないので思い切って申込をしました。

 

激務に見舞われた3月もあったが結果は果たして・・・

2月中までは順調だったんです。勉強の進捗も良くてなんとかなりそうな気配はこの頃にはありました。
3月に入って、法人向けのヤバイプロジェクトに配属され終電帰りがデフォ。
加えて出張3回。

いやー楽しかったね!!(棒)
あんまり時間も取れずなかなか進まなかったです。

そのまま4月に入って時間も出来てきたころには受験日間近でした。
午後対策も一切やってない。これはやばい。

午前の過去問を進めつつ、午後対策本も買ったがチラ見した程度。
でも午前も午後もいけそうな気配はしていた。なぜなら解答用紙を埋める作業は昔から得意だったからだ!
午前通れば午後は運頼みで乗り切れるんじゃないかと本気で思ってましたw

不合格ドーーーン!!w

まさかの午前落ちでワンチャンもなかったです。
しかし、手応えは確かにあった。午後は全て解答を埋めて解答速報とも見比べて60点はありそうな感じでした。

たった2か月でしかも基本情報を飛ばしてもここまでいけるなら次は確実に合格をもぎ取れる自信があります。
ベンダー資格と比べて受験料も安いので精神的にも経済的にもあまり落ち込みはなく、むしろ前向きになれたと思います。

今後の受験予定

次の秋は絶対に合格する!来年の秋はネットワークスペシャリストだ!

もう計画は立てている。今年秋に応用情報、来年秋にネットワークスペシャリスト。
今はLPICレベル2の勉強をしているけど7月中には取得する。予定じゃなくて絶対に取るのだ。

応用を取ったらCCNPにチャレンジします。期間は4か月ぐらいを見ています。ネットワークの知識をCCNPで蓄えたらネスペの対策に入ります。
自分を奮い立たせるためにも文章に起こしておきますよ。

今年秋に応用情報
4か月かけてCCNP
そして来年秋にネスペ合格だ!!

ITカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
TOP